安くする方法

普通自動車の運転免許取得を合宿制の教習所で目指す場合に、できるだけ出費を抑えたいという人もいるでしょう。その場合にできることは複数あります。

日本列島まず、合宿制の教習所は日本全国に多数ありますが、全教習所で料金は一律というわけではありません。
普通運転免許合宿制を採用している各教習所の料金を比較し、より安いところに入校することで、費用負担を軽くすることが可能です。
なお、表示されている金額だけを比較するのではなく、宿泊費や食費、交通費、延長料金などの諸費用込みで比較すると、トータルで安い教習所がどこなのかがわかります。

このほかの費用を安くする方法ですが、普通運転免許合宿制を採用している教習所のなかには、お得な割引制度を用意しているところがあります。
WEBで申し込んだ場合の割引、教習所で決められた日付までの申し込みで安くなる早期割引(早割)、友達などと一緒に申し込んだ場合のグループ割、学生証の提示によって安くなる学割、普通二輪免許取得者が安くなる普通二輪免許所持割、普通自動車と二輪の教習を同時に受ける人が安くなる普通車・二輪同時教習割といった具合に、割引の種類は多数あります。

数千円の値引きや場合によっては10,000円以上の値引きになることがありますので、候補の教習所で自分にとって都合のいい割引がないかチェックしてみるとよいでしょう。


合宿制の料金内訳

普通運転免許合宿制を採用している教習所を選択する際、単純に180,000円、220,000円と表示されている料金を見た場合、とくに安く免許を取りたいと思っている人は180,000円と表示されている教習所のほうがいいと思い、入校を決めることがあります。
しかしながら、実際には220,000円と表示されている教習所のほうが安上がりになるケースも少なくありません。

合宿免許の場合、入校料、学科教習料、技能教習料、技能検定料、教材料、学科受験料、証紙費、適正検査料などが含まれている教習料だけがかかるわけではありません。
合宿免許では教習所指定の宿泊施設で寝泊りしつつ卒業を目指す形になるため、宿泊料金や食費などの生活費が発生します。また、教習所との往復交通費も発生します。試験に合格できなかった場合に滞在が延びると再試験や延長になった分の滞在費がかかることもあります。

こうした諸費用が込みで前述した220,000円の料金設定と、諸費用が含まれていない180,000円の料金設定では、前者のほうが安上がりになる可能性がきわめて高いです。諸費用なしで180,000円の場合、教習料以外はすべて有料となると、220,000円を超えるお金がかかることになるためです。入校する教習所を選ぶ際には、料金内訳までみてトータルでお得なところを選ぶことが失敗を避けるためには大切なのです。


免許合宿制・痛学制の相場

主に通学制と合宿制の2種類が、普通自動車第一種免許の取得方法としてあります。かかる料金は通学制と普通運転免許合宿制を採用している教習所で差があります。同じ通学制や合宿制でも、各校で料金は異なりますが、通学制と合宿制では平均でどの程度のお金がかかるのか知りたいという人もいるでしょう。

この点に関してですが、通学制の教習所へ行くほうがお金がかかる場合が多いです。すでに述べたとおり同じ通学制の教習所でも料金の安い、高いというのはあるのですが、280,000~330,000円のあいだでおさまる教習所が多いです。一方、合宿制の教習所の場合には220,000~300,000円のあいだでおさまる教習所が多いです。格安といわれるような教習所では、200,000円以下で180,000円など、通学制の教習所に比べて100,000円以上安くなるようなところまであります。

トランクケース安く運転免許を取得することが最大の目的の人は、通学制より合宿制のほうが満足感を得やすいということになります。
ただし、合宿制の教習所は一時帰宅を認めているところはあるものの、卒業までは教習所指定の宿泊施設に寝泊りしつつ、毎日長時間の教習を受けて短期間での卒業を目指すことになります。
仕事や学校があると休まなければいけませんので、長期の休みがある人や就職前の人でないと合宿制の教習所での免許取得は困難といわざるを得ません。

そのほか、合宿制の教習所は教習料金以外にも費用が発生します。
また、ただでさえ通学制より相場が低い合宿制ですが、安くする方法もあります。
これらのことは別のページで解説していますので、興味のある方はチェックしてください。